鍵のトラブル | 泥棒を入れない家づくり〜泥棒なんてモウマンタイ〜

泥棒を入れない家づくり〜泥棒なんてモウマンタイ〜

鍵のトラブル

鍵のトラブルでやってはいけない事

平和そうに見えて何かと物騒な今の時代、常に鍵は肌身離さず持ち歩き、玄関の扉はしっかりロックしてから出かけた方が良いです。毎日しっかり鍵をかけることで生活を守ることができます。しかし、本来であれば身を守ってくれるはずのこの鍵が、思わぬトラブルを引き起こすことがあります。例えば、鍵を傷つけてしまったり、折ってしまうなどのトラブルに見舞われてしまうと、自分自身が家から締め出されてしまうといった面倒な事態に陥ってしまいます。そのような鍵に関するトラブルに遭遇した時、やってはいけない事があります。それは、強引にこじ開けたり、鍵以外のモノを差し込んでピッキングをするといった行為です。素人がこのような行為をすれば、かえって状況が酷くなり、修理してもらう頃には余計な費用がかかる可能性がありますので、いくら家に入りたいからといって余計なことはしないように注意することをオススメします。

定期的に取り替えることが長く使うポイント

鍵に関するトラブルがあった時、修理屋に連絡するのも一つの方法ですが、たいていの人は一本目の鍵で入室ができない時は二本目の合鍵を使って入室するものです。スペアのキーがあれば、万が一の時があっても素早く入室できますので、一本目が壊れてしまっても特に問題にはならないです。もしも問題があるとすれば、その二本目のスペアキーまで壊れていた場合です。もちろん、新品同様のキーならば壊れることもないでしょうが、既に10年20年と時間が経過している場合、劣化して使えなくなっている可能性があります。スペアキーというのはいざという時に使えないと役には立ちませんので、定期的使えるかどうかチェックをし、かなり古くなっているものについては定期的に新しい鍵と交換した方が良いです。それがトラブルを避けるためのコツです。